アルコールの強さによるビールの分類

アルコール含有量による分け方

オーストラリアで飲むことができるビールには実に様々なものが存在し、分類のしかたもいくつか存在するが、このページではアルコール含有量によるビールの大まかな分類について紹介する。
オーストラリアのビールのはアルコールの含有量によって3つの呼び方(種類)が存在する。それらの種類は以下の通り。

1. FULL STRENGTH(フルストレングス)
2. MID-STRENGTH(ミッドストレングス)
3.LIGHT(ライト)

以下3種類のついて詳しく説明する。

 

1.FULL STRENGTH(フルストレングス)

日本で俗に言う「ビール」に最も近いアルコール含有量。
一般的に4.5%~6%のビール。
近年の消費量は、国民1人辺りについては、増加・減少を繰り返しそれほどの変更はないが、オーストラリア全体でみた総消費量は増加している。
これは、国内の人口増加の為だと考えられる。
販売されている種類も最も豊富で、様々な味わいのものが存在する。
なにも言わずにただ「ビール」とだけ言う場合にはこのフルストレングスと下のミッドストレングスをさす事がほとんどであるりる。
これら普通のビールは時にFull flavoured beer(フルフレーバードビール)や、Full flavour beer(フルフレーバービール)と表現される事がある。
その表現が示すとおりフルーティーな香りが強いものや、味付けの濃いもの、またアルコール度数を高めることによって力強さを演出したものなどがある。
その一方でそういった香り等を排除し苦味やビール臭さを演出した、俗に言う飲みにくいビールも存在する。そのようなビールでもフルフレーバーと表現されることもある。
ビールのラベルなどにはあえて「Full Strength」と表記している製品はむしろ少ない。ただ、ラベルなどに製品の特徴や説明書きがなされている場合は上記の通り「Full flavoured beer」などの表現が利用されることも有り、その際には容易にフルストレングスと認知することができる。

 

2.MID-STRENGTH(ミッドストレングス)

上記フルストレングスより若干アルコール含有量が減ったもの。
一般的には3.5%前後のものがこうよばれるが、4%でもミッドストレングスとして販売されているものもある。
味わいはフルストレングスとほとんど変わらず、多くの種類が存在する。 ここ近年での傾向では、少しずつではあるが確実に成長を続けている分類で、国民1人辺りの消費量、国内の総消費量ともに、年々増加傾向にある。
Mid-Strength(ミッドストレングス) のビールはよくそれとは知らずに飲んでいることがある。
いくつかのボトルにはそれを示すために商品名や、ボトルのラベルにあえて「Mid」の言葉をいれているものもある。
例えばフォスターズグループが所有する、Carlton & United Breweries(カールトン&ユナイテッド ブルワリーズ)からは、Carlton Mid(カールトンミッド)という、その名もズバリな商品がでている。

しかし、その他多くの商品は普通のビールのような商品名で、ラベルも普通。アルコール度数をよく見ると3.5%だった。つまり、ミッドストレングスのビールだった。 という事がよく発生するのである。
ちなみにオーストラリアで最も有名なビール、ビクトリアビターとシェアを二分するビールに「フォーエックスゴールド(XXXX GOLD)」という製品があるが、こちらはラベル上で「Full flavoured」とうたっておきながら実際はアルコール度数3.5%でミッドストレングスに分類されるという、いかがなものかな状態も発生している。

 

3.LIGHT(ライト)

上記ミッドストレングスよりアルコール含有量が減ったもの。
一般的には2.5%~3%程のものが多い。
アメリカなどではライトビールといった場合、アルコール度数の低いものを指すと共に、カロリーが押さえられたビールの事も指す。
しかし、オーストラリアでライトビールと言えばアルコール度数の低いビールのみを指す。
ライトビールはオーストラリアの歴史の中では比較的最近になって成長したいわゆる新ジャンルのビールである。
その昔オーストラリアの法律はホームメイドのビール等を取り締まるため、ある一定量以下のアルコール含有量のビール製造を禁じていた。
そのためそもそも低アルコール量のビール製造のノウハウがなかった。法律が改正され、ライトビールの製造が可能になったあとも、その味わいはお世辞にも美味しいと言えるものではなかった。
現在でも「ライトビールまずい。」と言う人がいるほどである。
ここ最近では各メーカーともライトビールに力を入れ始めライトビールにもかかわらずプレミアム感を打ち出したビールを多数投入してきている。
しかしながらここ数年ライトビールの消費量はかなりの減少を続けておりメーカーを悩ませる原因にもなっている。
ビールの消総量費量の減少もこのライトビールジャンルの減少が原因となっている。
味わいに関して言えば、その名が示すとおり軽い印象を受けるものがほとんどであり、酒好きの人、特に男性には物足りないと言われることが多い。
しかし、軽い味わいというのはは特徴のひとつであり、日中の飲酒や、口当たりのよいさっぱりとしたものを飲みたいと感じるときに飲まれることもある。
ライトに関しては、ライトストレングスと表現される事はなく、Light beer(ライトビール)といわれる事が多い。
普段の会話の中ではあえて「ライトビール」と明示的に表現することが多い。 また、ライトビールに関しては商品名か、ボトルなどのラベルにLightと表記されるため間違えることは少ないと思われる。

コメントは受け付けていません。