ビール瓶の種類

オーストラリアで販売されるビール瓶のサイズについて

オーストラリア国内で販売されるビール瓶の種類は大きく分けて2種類。
大きいサイズのLong Neck(ロングネック)と小さなサイズのStubby(スタビー)といわれるもので、大手メーカーのみならずほぼ全てのブルワリーはその一定の規格にのっとったサイズの瓶にてビールを販売している。
以下ビール瓶のサイズについて詳しく説明してゆく。

 

LONG NECK(ロングネック)

オーストラリアビール スタビーとロングネック

まずは大きなサイズの瓶から説明する。
大きな瓶はロングネックと呼ばれておりその容量は750mlである。
日本のビール大瓶が633mlなのでそれよりは幾分飲みごたえがあるといえよう。
ちなみに世界では500mlを越える容量のビールを販売する国はかなり少数で日本もオーストラリアもこのマイノリティの一員となっている。
カールトンアンドユナイテッドブルワリーズ(というビールメーカー)は独自の規格で800mlのロングネックを打ち出しており他メーカーとの差別化を図っているが使われる機会は般的な750mlのものより少ないようである。
上の写真はロングネックの例。右側2本がロングネック。
大きさをわかりやすくするため次の項目で説明する小さな瓶(スタビー)と並べてある。

 

 

STUBBY(スタビー)

オーストラリアビール スタビー stubby

小さな瓶はスタビーと呼ばれている。
スタビーの容量は375mlが一般的であり、大手メーカーのほぼ全てのビールはこのサイズで統一されている。

内容量は同一ながら瓶の形状はメーカーや銘柄で多様に渡る。
上の写真のは左からフォスターズラガー、カスケードペールエール、トゥーイーズニュー、ビクトリアビター(VB)と並んでおりいずれもスタビーである。
一番左のフォスターズを除いて瓶の容量は全て375mlとなっている。

これらスタビーの形状を見てみると、オーストラリアを代表するビール、ビクトリアビター(VB)が首の短いずんぐりとした形状なのに対し、トゥーイーズニューやカスケードペールエールは首が長くやや細めのスタイルとなっている。
このようにスタビーの形は幾つか代表的な形はあるにせよ銘柄毎の違いは大きい。

ちなみにこの「スタビー」と「ロングネック」という瓶の名称の使い方であるが、そもそもスタビーには「ずんぐりとした」と等の意味合いがあるため、アメリカなどオーストラリアを除く海外でスタビーと言えば上記写真ビクトリアビターのような首が短くいかにもずんぐりとした形状のビール瓶のみを指す。
たとえ小瓶であっても写真内一番左、フォスターズラガーのような形状であれば「ロングネック」と呼ばれている。実際首が長いのでイメージがつきやすいことであろう。
しかし、オーストラリア国内ではこの例は当てはまらず、ロングネックと言えば750mlや800mlの大瓶の事のみをさし、スタビーと言えばどの様な形であっても375ml(前後)の小さな瓶の事を指す。

オーストラリアビール スタビー stubby

最近は特にマイクロブルワリーやクラフトブルワリー(又はブティックビア等)と言われる日本でいう地ビール的な醸造所に多く見られるタイプとして330mlや345ml、355ml等のバラエティに富んだサイズも多く見受けられる。
上の写真はブティックビールでも比較的有名なもの。
一番左、ROOFTOP RED LAGER(ルーフトップレッドラガー)は345ml、左から2番目、KNAPPSTEIN Reserve Lager(ナップステインリザーブラガー)は330mlとなっている。

オーストラリアビール 330ml
ナップステインリザーブサガー330MLの記述が見えますでしょうか?

 

オーストラリアビール 375ml
ちなみにビクトリアビター(VB)は375ml。(見にくいですが)

 

OTHERS(その他の形状)

特にブティックビールや限定販売の商品に見られるが一般的なビール瓶とは異なったユニークな形状をもつ瓶も存在する。
写真右側はMOO BREW(ムーブリュー)のビール瓶。こちらの醸造所で作られるビールは全てこの形を持つ。ちなみに内容量は330ml。
左はラキードリンコのラッキービール。ブッダをかたどった瓶がユニークである。

オーストラリアビール スタビー stubby

コメントは受け付けていません。