モルトショベルブルワリー(MALT SHOVEL BREWERY)

MALT SHOVEL BREWERY(モルトショベルブルワリー)概要

MALT SHOVEL BREWERY(モルトショベルブルワリー)

モルトショベルブルワリーはオーストラリア、New South Wales(ニューサウスウェールズ州)、シドニー中心地から程近い位置、Camperdown(キャンパーダウン)に存在するブルワリー。
創設者のDr Charles “Chuck” Hahn(チャールズ(チャック)ハーン博士)主導のもとLion Nathan(ライオンネイサン)の傘下として運営されている。
チャック博士は科学工学の博士号を持ちながらビール業界に長年携わった人物で、醸造から経営に至るまで多くの経験とノウハウを持つ。

モルトショベルブルワリーはもともと同じ場所に存在したHahn Brewery(ハーンブルワリー)の跡地で始められた。ハーンブルワリーもまた、同じくチャック博士によって立ち上げられたのだが、こちらもライオンネイサンによって吸収され、1993年には醸造拠点が別の場所へ移されてしまっていた。
1998年、同じ土地へ戻ってきたチャック博士が再度ブルワリーを立ち上げ今に至っている。
モルトショベルブルワリーはライオンネイサンの傘下でありつつもマイクロブルワリーという位置付けをとっており、小さな工場で作られ、少数ながらもクオリティの高いビールの製造していることを打ち出している。
事実、そのイメージはチャック博士が指揮をとっている事も手伝い定着している。
小さなブルワリー、つまりマイクロブルワリーにて醸造されるビールはよく、ブティックビール等と呼ばれるが、同ブルワリーでは「クラフトブルワリー」による「クラフトビール」等と表現されている。
こちら、モルトショベルブルワリーにて製造されるブランドはすべてJames Squire(ジェームズスクワイア)にて統一されている。
過去にラベルの変更や様々な商品開発を経ながら2011年に主要商品に位置付けられるものを見直し、発表。装いも新たに登場したのだった。

 

James Squire Nine Tales Amber Ale
(ジェームズスクワイア ナインテールズ アンバーエール)

James Squire The Chancer Golden Ale
(ジェームズスクワイア ザ・チャンサー ゴールデンエール)

James Squire Four Wives Pilsener
(ジェームズスクワイア フォーワイブズ ピルスナー)

James Squire Stowaway India Pale Ale
(ジェームズスクワイア ストウアウェイ インディアペールエール)

James SquireJack of Spades Porter
(ジェームズスクワイア ジャック・オブ・スペイズ ポーター)

James Squire Sundown Lager
(ジェームズスクワイア サンダウン ラガー)

これらがフラッグシップ製品と位置付けられるのだが、ユニークなのはその商品名である。
他のブルワリーが「ブランド名+ビールの種類」を商品名とすることが多いの、こちらのブルワリーでは各ビールに「ナインテール」や「チャンサーゴールデン」等、そのビールをイメージしたユニークな名前がつけられていることである。
いずれのビールも非常に丁寧に醸造されており味わいの評価も極めて高く、オーストラリア国内のみならず世界大会においても成績を数々修めている。ブルワリーのあるシドニー周辺やニューサウスウェールズ州では絶大な人気を誇り、また、オーストラリア国内でも知名度、人気共に確実に上り続けている。
上記主要商品以外にも限定商品が時々販売されるとこもある。

 

モルトショベルブルワリーの歴史

モルトショベルブルワリーの歴史はとても浅い。前述の通り1998年にチャールズ(チャック)ハーン博士によってもとハーンブルワリーがあった場所に別ブルワリーを始めた事に始まっている。 それ以来安定した運営を続け、醸造されるビールの量も増えている。

 

モルトショベルブルワリーとジェームズスクワイアという名前の由来について

モルトショベルブルワリーやそこで生産されるビールブランド、ジェームズスクワイアの話をすれば必ず語られる事柄がそれら名前の由来についてである。
実はジェームズスクワイアという名称はある人物の名前であり、モルトショベルブルワリーというのはその人物によって立ち上げられた有名な酒場、The Malting Shovel(ザ・モルティングショベル)に由来している。
ジェームスはオーストラリア国内において初めてホップの栽培に成功した人物であり、また、商業的なビールの醸造も彼が初めて行っている。
そのためオーストラリアのビールの歴史について調べていくと彼や、その酒場の名前を目にすることが少なくない。
ジェームズスクワイアは1754年イギリス生でまれたのだが窃盗の罪で捕まった。
この頃イギリスでは増えすぎた犯罪者達をオーストラリアへ送り服役させる計画が上がっていた(島流しの刑)。 1788年初めてこの計画が実行に移される事となったとき、ジェームスも流刑者の一人としてシドニー地に送られた。 オーストラリアに送られたあとジェームスはそのたぐいまれな才能を開花させた。
農業に従事しオーストラリアで初めてホップの栽培を成功させたり、ビールの本格的醸造を始めたのは前述の通りだが、その他、酒場、金融業、精肉やパン屋に至るまで手を広げた超実力派の実業家として大成功をおさめた。 また社会に貢献した功績や後の彼の人物をかんがみ、現地での警察官的役割もはたす等し、現在でもオーストラリアの歴史に名を残している。

コメントは受け付けていません。