MENU

クリスプ、クリスピー

クリスプなビール
目次

クリスプ、クリスピーなビールとは

アルコールの味わい表現の1つに「クリスプ」や「クリスピー」という言葉がある。
一般的にこれらの単語は食べ物や飲みのの味、テクスチャーを表現する際に使用されるが、わかりやすい例で言えばポテトチップスなどの「パリパリ」と言う表現や唐揚げが「カリッとした」というものがあげられる。
これらがビールやワインの表現をする場合、基本的には「すっきりと爽やかで飲みやすい」や「みずみずしくパリッとした」という感触を伝えるのに用いられる。
本ページではクリスプ/クリスピーについてもう少し掘り下げて説明をする。

クリスプ/クリスピー の意味

まず英単語のcrisp(クリスプ)、crispy(クリスピー)はいずれも形容詞として利用されるが、crispは形容詞以外に動詞、名詞の意味も持つ。crispyには形容詞の意味しか存在していない。
それぞれ形容詞としての単語の意味は

Crisp
・〈食物が〉パリパリ[カリカリ]する.
・〈野菜・果物などが〉新鮮な.
・〈紙などが〉バリバリ音がする.
・〈空気・天気などが〉身の引き締まる、さわやかな、すがすがしい.

Crispy
・〈食物が〉パリパリ[カリカリ]する.
・やさしくてもろい

などがある。(crispの形容詞以外の意味はご自分で調べてみてほしい)
英語のネイティブスピーカーでさえも、上記形容詞的な表現のみで言えば、どちらの単語も同じように入れ替えて使えると言う人もいれば、特定の表現はどちらかの単語を好んで利用するという方もいる。
実は英語の表現ではほぼ「クリスプ」のみが利用されるが、一方、日本語のアルコール表現では「クリスプ」のみならず「クリスピー」と言う単語も使われるようだ。
(ちなみに本サイト内では「クリスプ」と言う表現のみの利用となっている。)

アルコール飲料におけるクリスプ/クリスピーの意味

さて、クリスプ(時にクリスピー)がアルコール飲料についての表現をする場合、主に以下の3つのように利用されることが多い。

1.軽快な口当たり:
口当たりが軽やかでなめらかなアルコール飲料。飲んだ後に口の中に爽やかな感覚を残すことを表現する。すっきりとして雑味がない、軽快なマウスフィールですいすいと飲み進めることができる。
ビールの表現では比較的軽めのもの、オーストラリアでは特にミッドストレングスや、フルストレングスでもラガースタイルにおいてこう表現されることが多い。

2.さわやかな酸味
クリスプなアルコール飲料は、一般的に酸味を含んでいるものが多い。これは、フルーティーで明るい味わいを持ち、口の中で爽やかな印象を与えることから用いられるようになった表現だ。例えば、クリスプなワインやシードル(リンゴのお酒)は、この特性を持つことがある。
ビールの場合、「酸味」は時々嫌な味わいとして用いられることがある。しかしIPAやペールエールなどのフルーティーなスタイルの場合にはポジティブな酸味表現として利用してもよいと思われる。

3.清涼感:
飲んだ後の清涼感を表すためにも「クリスプ」は利用される。特に発泡系のアルコール飲料で好んで用いられる。

オーストラリアのクリスプなビール

さてではオーストラリア国内でクリスプなビールはどういったものがあるかを紹介したい。
まず真っ先に挙げられるのが以下2製品となる。

  1. グレートノーザンブルーイング スーパー クリスプ
  2. ストーン&ウッド グリーンコースト クリスプ

いずれもオーストラリアを代表するブランド銘柄でそれらが製品名にまで「クリスプ」と名付けているほどのクリスプっぷりである。
1.は2022年にオーストラリアでシェアNo.1を獲得したブランド「グレートノーザン」のミッドストレング版。
2.はオーストラリアを代表するクラフトブルワリー、ストーン&ウッド(現在はビール大手シェアNo.2のライオン(Lion)によって買収されている)の1製品だ。
そのほか製品名にはクリスプと名前はつかないものの、クリスプな銘柄を以下に紹介していこう。

そのほか、皆さまがクリスプと思われるオーストラリアのビールについてはぜひともご意見をいただきたい。

目次