カッスルメインパーキンス(Castlemaine Perkins)

CASTLEMAINE PERKINS(カッスルメインパーキンス)概要

CASTLEMAINE PERKINS(カッスルメインパーキンス)概要

カッスルメインパーキンスはオーストラリア、Queensland(クイーンズランド州)、Brisbane(ブリスベン)の郊外Milton(ミルトン)に本拠地を置く醸造所。
現在はLion Nathan(ライオンネイサン)によって保有されている。
カッスルメインパーキンスで作られるビールはすべてXXXX(「フォーエックス」と読む)というブランド名で統一されている。
オーストラリアをよく知る日本人あれば「カッスルメインパーキンス」の名前は知知らなくとも、XXXXのビールブランドは知っているまぁ有名なビールそういった認知かもしれない。
しかしオーストラリアでは「XXXX」を知らないものはいない。それほど有名かつ、強烈なビールブランドとしてオーストラリア国内に根付いている。

もともとブリスベンという街には大きな産業や観光名所が少ないため、現在は同ブルワリーはブリスベンにとってなくてはならない存在となっており、まさにブリスベンのアイコン的企業(というか醸造所)となっている。
カッスルメインパーキンスブルワリーの建物一番上には赤々と光るXXXXのネオンがあったり、同ブルワリーのキャラクターとしてMr.XXXX(ミスターフォーエックス)なる謎の人物を登場させたりとユーモアな姿勢がみられる一方で、数々のスポーツや自動車をはじめとしたレースでのスポンサーもしており人々の目に触れる機会を増やすことでの人気維持にも努めている。

フォーエックスブランドが示すX(エックス)は元々、エールタイプのビールの強さを示意味合いがあり1878年にはすでにSparkling ale(スパークリングエール)にその文字が利用されていた。 その後1924年にはXXXXをブランドとして利用する事を決定。それから現在に至るまでに様々なXXXXシリーズが登場している。

現在同ブルワリーの中核をなす商品は2つある。
1つは「XXXX Bitter(フォーエックスビター)」。こちらは(オーストラリアではよくみられることだが)名前とは裏腹にラガービールでスッキリした飲み口のなかにもボディーの効いた苦味を残し後味には甘みも感じられるフラッグシップで大人気の商品。純粋にオーストラリア国内のみで採れる原材料を低温でじっくり熟成させることによってフルフレイバーを実現している。
もう1つは「XXXX GOLD(フォーエックスゴールド)」。こちらは上のXXXXビターをとても飲みやすくスッキリさせた感じのミッドストレングスビア。オーストラリアの伝統的な製法を守り麦芽の旨み、甘みを十分に引き出しスッキリ爽快な味わいに仕上げられている。こちらも非常に人気のある商品である。
その他過去にはエールや小麦ビール、ドラフトタイプやライトビールをはじめとし色々な商品も製造されていた。

 

カッスルメインパーキンスの歴史

カッスルメインパーキンスの歴史は1877年、Nicholas Fitzgerald(ニコラスフイッツジェラルド)とEdward Fitzgerald(エドワードフイッツジェラルド)の兄弟が現在の醸造所に位置する場所に古びたお酒の蒸留所を購入し、ビール醸造所、Castlemaine Brewery(カッスルメインブルワリー)を立ち上げた事にはじまる。
実は時を前にして1859年、フィッツジェラルド家はビクトリア州のカッスルメイン(という場所)にて醸造所を運営していた。(その後メルボルンやシドニーてもブルワリーを立ち上げていった。)
ニコラスとエドワードはこの最初に立ち上げられた地の名前を彼らのブルワリーにも付けたのだった。
カッスルメインブルワリーを立ち上げた翌年にはすでにビールの販売を開始。最初に売られた商品は、XXX SparklingAle(スリーエックススパークリングエール)と名付けられた。
カッスルメインブルワリーは安定した経営を続け徐々に規模を拡大、オーストラリアにラガータイプのビールが登場した際にも、クイーンズランド州では最初にラガー製造にも乗り出したりした。
1866年には、後にカッスルメインブルワリーに買収されることとなるPerkins Brewery(パーキンスブルワリー)がPatrick Perkins(パトリックパーキンス)によって立ち上げられた。クイーンズランド州のブリスベンから約130km離れた地Toowoomba(トゥーンバ)という地であった。
その後1872年、パーキンスブルワリーはCity Brewery(シティーブルワリー)を吸収しブリスベンへの進出を果たしていた。
1924年、ついに現在のカッスルメインパーキンスブルワリーの人気を決定付けた商品、XXXX bitter aleが登場した。
エールと名が付くこのビール、実はラガー製法によって作られており、そのテイスト、クオリティーの高さから瞬く間に周囲から市場を奪っていき、人気を不動のものとした。この製品が現在でも同ブルワリーのフラッグシップとして売られているXXXXビターである。
また、同じ年にはマンガ風のキャラクター、ミスターフォーエックスが登場。現在でも愛くるしい表情でXXXXの人気を支えている。
1928年には上で紹介したパーキンスブルワリーを吸収合併Castlemaine Perkins Limited(カッスルメインパーキンスリミテッド)と名前を変えた、クイーンズランド州で一番大きな醸造所へ成長していった。
その後も安定した成長を遂げていったカッスルメインパーキンスは、50年代には新たな醸造所に建て替え、70年代には新たな商品を次々と打ち出し、80年代からは、スポーツのスポンサーも務めるようになった。
1980年にはニューサウスウェールズ州に本拠地を置くTooheys Brewery(トゥーイーズブルワリー)と合併、更に大きな成長を遂げていくさなか、1985年、Bond Corporation(ボンドコーポレーション)に買収されてしまう。
さらにその後、ボンドコーポレーションの株式を精力的に購入していた巨大ビール会社、Lion Nathan(ライオンネイサン)によって買収された。 ライオンネイサンに保有される形で現在まで運営を続けている。

 

キャッスルメインパーキンス?

ブルワリーの名前につく「カッスルメイン」であるが英語では「Castlemain」と書くため、本醸造所の名前は「キャッスルメインパーキンス」と記述されるのではないかと思われることがある。

オーストラリアはイギリス系を主体とした英語を利用するためCastleのつづりは「キャッスル」ではなく「カッスル」(に近い音)で発音される。
文章内などの日本語表記では「カッスル」と記載されるが、発音記号は「kάːsl」となり実際の発音は頭にアクセントを置き、まるで「カーソル」と言っているように聞こえるがよく聞くと「カースーゥ」の表記が最も近い。

ちなみにシドニー郊外に「Newcastle」という街があるがこちらもガイドブックなどでは「ニューキャッスル」ではなく「ニューカッスル」と記載されることが多い。

時々ウェブサイトや印刷されるものであっても本ブルワリーのことを「キャッスルメインパーキンス」と表記しているものを見かけることがある。
当サイトではそれは誤りで「カッスルメインパーキンス」と記載すべきだと主張します。

 

 

コメントは受け付けていません。