マチルダベイブルーイングカンパニー(Matilda Bay Brewing Company)

MATILDA BAY BREWING COMPANY
(マチルダベイブルーイングカンパニー)概要

マチルダベイブルーイングカンパニー(Matilda Bay Brewing Company)

マチルダベイブルーイングカンパニーはオーストラリア、かつてはWestern Australia(西オーストラリア州)、現在はVictoria(ビクトリア州)、Melbourne(メルボルン)郊外に位置するDandenong South(ダンデノンサウス)に本拠地を置くビール醸造所。
1984年から創業を開始。 1990年代にカールトンアンドユナイテッドブルワリーズによって買収された。結果として現在はFoster’sgroup(フォスターズグループ)によって保有されている。
しかしながら運営形態としてはいまだ「マイクロブルワリー」という位置づけで続けている小さな醸造所である。 (マチルダベイブルーイングカンパニーでは、自社の事を「クラフトブルワリー」と呼んでおり、それに従い、ビールも「クラフトビール」と表現される事が多い。)

第二次大戦後にできたマイクロブルワリーの中では最も古く、そのあとに誕生した小さな醸造所のよき手本的な存在としても見られている。事実、(実際にはフォスターズグループに保有されてしまったものの)マイクロブルワリーの中では最も有名なところの一つである。
もともとは西オーストラリア州のFremantle(フリーマントル)という地域にあった有名なホテル、Sail and Anchor hotel(セイルアンドアンカーホテル)のためだけに最高のビールをつくり、卸す事を目的として始められた小さなブルワリーであった。
一般的なビールとは一線を画したユニークなしかしながら丁寧に作られたビールは次第に人気になり、5年後の1989年には本格的な醸造所を立ち上げるまでに成長した。
常に新しい味を追い求め、ビールへのチャレンジを 続ける事で新しい風を巻き起こしてきたこちらのブルワリー、小麦で作られたRedback(レッドバック)はフルーティーに仕上げられ今でも自社のフラッグシップ商品の1つ、Beez Neez,(ビーズニーズ)はハチミツが使われたラガー、Rooftop Red Lager(ルーフトップレッドラガー)は真っ赤な色が特徴のラガー。異論もあったが何よりも見た目や奇をてらううわべだけ繕ったビールでないことは飲めばすぐにわかることだった。
こちらの作るビールが国内外の多くの品評会やコンテストで数々受賞した事もそのクオリティーの高さをを証明している。
ビール作りに対する並々ならぬ情熱はオフィシャルサイト内でもフィーチャーされており次のような文章を残したこともある。 「次はどのようなビールが訪れるだろうか?1つだけ確かなことは、それは議論を巻き起こすようなものになることだ。普通ではない、少し奇妙なものになるかもしれない。」
是非とも確認していただきたい。
ビールの名前の多くは動物になぞらえて考え出されている。Dogbolter(ドッグボルター)は犬(Dog)、Redbackはオーストラリアに棲息するセアカゴケグモの名前、Beez Neezは蜂を意味するBeesから、Fat Yakは太った牛を意味している。

マチルダベイブルーイングと同じような方向性のマイクロブルワリー、こちらも小さいながら有名なのだが、に、Little Creatures Brewery(リトルクリーチャーズブルワリー)がある。
こちらはマチルダベイブルーイングカンパニーの社員や株主達で2000年に立ち上げられ若い会社ではあるが、物凄く香り高いビールを作る事ですでにオーストラリア中で有名となっている。

 

コメントは受け付けていません。