ハーンブルワリー(Hahn Brewery)

HAHN BREWERY(ハーンブルワリー)概要

ハーンブルワリーはかつてオーストラリア、New South Wales(ニューサウスウェールズ州)のシドニー中心地に近いサバーブCamperdown(キャンパーダウン)において1988年から1993年まで運営されていたブルワリー。
創設者のDr Charles “Chuck” Hahn(チャールズ(チャック)ハーン博士)はオーストラリア国内に置いて最も有名な醸造家の一人。
ケミカルエンジニアリングのPhDを持つ秀才チャック氏は若くしてビール業界に従事を開始。アメリカの巨大ビール会社Coors(クアーズ)で約10年の実績を積んだ後オーストラリアにKENT Brewery(ケントブルワリー)を持つTooth and Co. Limited(トゥースアンドコーリミテッド)でその才能を発揮。ケントブルワリーの名をオーストラリア中に知らしめたのだった。
その後自分の理想とするビール醸造を貫くためにハーンブルワリーを立ち上げた。
もともとチャック博士の得意とする分野はプレミアムビールだったため、ハーンブルワリーが立ち上げられた当初は

Hahn Premium(ハーンプレミアム)

Hahn Premium Light(ハーンプレミアムライト)

の2製品を中心としその他の製品も少ないながらに存在はしたが脇役的扱いをされているビールだった。
このブルワリーは1993年にオーストラリアのビール大手Lion Nathan(ライオンネイサン)に吸収されチャック博士の手を離れることとなった。
その後ハーンシリーズ醸造工場をトゥーイーズブルワリーへ移設。元々会ったハーンブルワリーは利用されなくなってしまった。
ハーンシリーズは現在でもライオンネイサンによって引き続き製造、販売、近年新たにドライシリーズを加えいつも人々の目を引く極めてユニークなテレビコマーシャルにより現在でも大変の人気を集めている。
ちなみにこのチャック博士は再び同じ場所に戻りさらに別のビール会社Malt Shovel Brewery(モルトショベルブルワリー)を立ち上げたのだった。

コメントは受け付けていません。