ボーグズブルワリー(ジェイボーグアンドサン)BOAG’S BREWERY (J. BOAG&SON)

BOAG’S BREWERY(J. BOAG&SON)
(ボーグズブルワリー(ジェイボーグアンドサン))概

BOAG'S BREWERY(J. BOAG&SON) (ボーグズブルワリー(ジェイボーグアンドサン))

ボーグズブルワリー(または、「ジェイボーグアンドサン」とよばれることもある)はオーストラリアのTasmania(タスマニア州)、Launceston(ロンセストン)に本拠地を置く醸造所。
州都のHobart(ホバート)から約200km離れた(オーストラリアにしては)歴史あるこの地は、自然豊で良質な水も豊富な事からビールの醸造には非常に適している。
その名が示す通りこちらの醸造所はJames Boag(ジェイムズボーグ)とその息子(息子の名もまたジェイムズという)によって1883年に立ち上げられその後も代々ボーグ家によって運営が続けられていた。
その後、存続の危機を乗り越えいくつかの会社への買収等を繰返し現在はLion Nathan(ライオンネイサン)によって保有されている。
ボーグズブルワリーにて醸造される製品はすべて「James Boag’s(ジェイムズボーグズ)」のブランドで統一されている。時々製品のラベルに「BOAG’S Draught」等と「BOAG’S」の表記しか無い為、それらは別のブランドと混同されることもあるがそれらも全てジェイムズボーグズシリーズの一員となっている。

ジェイムズボーグの名の下、プレミアムラガーやドラフト、エール、ライトビール等一通りのシリーズを取り揃えているが、限定商品のポーターや、ラガーでありながらエールと名の付くBoag’s XXX Aleなど趣のある商品も打ち出している。
2009年から登場しているJames Boag’s Pure{ジェイムズボーグズピュア)は最上位プレミアムビールの位置付けで、すべてタスマニアで取れた素材のみを使用。別格扱いを受けている。
タスマニアがはぐくむ大自然の美味しい水で醸造されるビールはとてもクリアなテイストが特徴で、フラッグシップビールのプレミアムラガーはスムーズで癖がなく飲みやすいと評判で、万人に受け入れられる仕上がりとなっている一方で、個性を打ち出した製品の開発にも力を入れている。

 

ジェイボーグアンドサン(ボーグズブルワリー)の歴史

(ボーグズブル ワリー(ジェイボーグアンドサン)の歴史は1883年に初代ジェイムズスボーグとその息子(息子の名前も同じく「ジェイムズボーグ」である※1)によって醸造会社を立ち上げた事にはじまる。場所は現在ブルワリーがあるのと同じ場所、タスマニアのロンセストンであった。

※1:海外では子供が父親と全く同じ名前をもつことも珍しいく無い。初代ジェイムズボーグばジェイムスボーグ 一世、その息子は二世と表現されており、ここでもそのように述べることとする。)

時を前にして、ジェイムズ一世は1853年に妻と4人の子供達とオーストラリアの地を訪れておりタスマニアにおいて生活を始めていた。
1881年にロンセストン、北エスク川そばにてESK Brewery(エスクブルワリー)がCharles Stammers Button(チャールズスタンマーズバトン)により立ち上げられていた。そのブルワリーを会社を立ち上げた年に買い上げたのだった。
醸造所の名前はそのままエスクブルワリーにて運営されたが、強烈なジェイムズ親子の印象が強く人々はいつしかボーグズブルワリーと呼ぶようになっていった。1887年父親ジェイムスボーグ一世の引退後は息子の二世が会社の指揮をとるようになった。

会社の業績は安定して上がっていき、その後も他の醸造所を吸収しながら成長していった。
1919年には同じくジェイムスボーグ三世へ、さらに1944年にはその次男George Boag,(ジョージボーグ)へと経営が引き継がれていった。 残念ながらジョージがこの醸造所を任された最後のボーグ家の人となってしまった。
1976年の引退であった。
1980年代の後半には株式市場の混乱から醸造所存亡の危機を迎えるも何とか乗り越え運営を続けて行くことができた。

1994年には現在、同ブルワリーのフラッグシップ製品、ジェイズスボーグズプレミアムラガーが誕生。さらに新たな商品を展開することによって会社の運営はまた安定していった。
2000年、フィリピンの巨大ビール会社、San Miguel Corporation(サンミゲルコーポレーション)によって買収されながらも会社はさらに成長を続けていった。
その7年後、2007年、サンミゲルは現在のライオンネイサンに同ブルワリーを売却した。 その後は現在でも見られる数々の面白い商品を展開。今後もどのような製品が出てくるかがとても楽しみである。

 

コメントは受け付けていません。