カールトンミッド (Carlton MID)

カールトンミッド (Carlton MID)

名称:Carlton MID (カールトンミッド)
産地:ビクトリア州 メルボルン
ビール種別:ペールラガー
アルコール度数:3.5%
ビールタイプ:ミッドストレングス
醸造所:Carlton & United Breweries(CUB)カールトン&ユナイテッドブルワリーズ(通称「CUB」)

 

カールトンミッド概要説明

カールトンミッドはオーストラリア最大のブルワリー、カールトン&ユナイテッドブルワリーが放つ「カールトン」シリーズの一商品。アルコール度数を3.5%と抑えたミッドストレングスビア。
基本的にはメイン商品である「カールトンドラフト」のアルコールを抑えたバージョン的位置づけで瓶の色ややラベルの見た目も似たような作りになっている。(しかしラベルはしっかりカッコいい)

ラベルには「フルボディーテイスト」や「フルフレーバードテイスト」、「ダブルホップ」等と記されてておりミッドストレングスながら深い味わい、しっかりした味わいを印象づけるとともに2種類のホップが使用されていることも示唆している。
公式ホームページでは伝統的な苦味をもたらすホップと、厳選された最高級ホップを組み合わせることによりホップの特徴を生かした素晴らしいビールに仕上げていることが書かれている。
その一方で麦芽感をやや抑えることによりミッドストレングスとしての特徴を出すことも忘れていない。そのバランスが完璧で非常に飲みやすい仕上がりとした。

と、若干フルボディー感と、麦芽感を抑えたという点が矛盾していると感じられるかもしれないがミッドストレングスとしての特徴をだしながらその中でもしっかりした味わいを実現したということだろう。

大手ビールメーカらしくテレビCMやスポートを始めとした多くのスポンサー、プロモーション活動もしっかり行われておりミッドストレングスの中ではトップクラスの売り上げがあるだけでなく、オーストラリアのビール全体の売り上げを見た時にもトップ10に名前を連ねることが多い。

 

 

カールトンミッドの味わい

基本的な味わいはカールトンドラフトと非情に似かよっており、それを全体的にマイルドにした印象を受ける。 しかしながらミッドストレングで人々を満足させようとするメーカーの努力がところどころにうかがえる。

麦芽の味付けはじゃっかん薄目だが、しっかりとした特徴的な苦味がある。本製品としての特徴をもったしっかりした旨味のある苦味だ。なるほどダブルホップの但し書きはだてではない。
クリーンでスムースとは色々なビールにおいて表現される言葉であるが、こちらのビールもまたそれらの言葉がぴったりと当てはまる。本当にクリーンで飲みやすい。透明感のある味わいだ。大手大量生産ビールに時々感じられるケミカル感がない。ナチュラルで優しさにあふれる。ラガービールとしてのかすかな甘みもどことなく感じられ好感が持てる。
ミッドストレングスにフルストレングスの味わいをを求めていけないようにこのビールならではの飲み方があるように感じられる。

コメントは受け付けていません。