トゥーイーズエクストラドライプラチナム (Tooheys Extra Dry Platinum)

トゥーイーズエクストラドライプラチナム (Tooheys Extra Dry Platinum)

名称:Tooheys Extra Dry Platinum (トゥーイーズエクストラドライプラチナム)
産地:ニューサウスウェールズ州 シドニー郊外リッドカム
ビール種別:ドライラガー
アルコール度数:5.2%
ビールタイプ:フルストレングス
醸造所:Tooheys Brewery(トゥーイーズブルワリー)

 

トゥーイーズエクストラドライプラチナム概要説明

トゥーイーズエクストラドライプラチナムははトゥーイーズブルワリーが製造するビールブランド「トゥーイーズ」シリーズの1つ。
元々は1994年に発売の始まったトゥーイーズエクストラドライのプレミアムバージョンとして売りだされたものである。
歯切れのよい切れ味やドライテイストなどを踏襲、飲みやすさやはそのままにラガービールとしての旨みを極限に引き出しまたドライ感やのどごしを更に楽しめるよう開発されたビール。
香りを強くまた最大の魅力は6.5%というアルコール度数が生み出すドライ感を楽しめるようにパワーアップされたビールであった。
ラベルには黒を基調としたかなり刺激的なデザインで突き抜けるドライ感の演出されたデザインを採用した。また瓶は通常6本1パックとして売られている所あえて8本パックとすることにより話題作りにも成功した。
しかし極めて残念なことに2011年頃、近年の原材料の高騰や酒税の関係により販売価格を一定に保つ為アルコール度数が5.2%にまで下げられてしまった。(その他に理由があるかどうかは不明)
この決定は多くのエクストラドライプラチナムファンをとても落胆させた。同ブルワリーは味わいに変更はないと主張するが多くのビールサイトでただのラガービールに成り下がったとの酷評がくだされた。
しかしながらそれでもまだ5.2%のアルコール度数は他のビールに比べて比較的高くトリプルフィルタレイションとよばれる製造法により極めてクリーンで辛口な飲み味は変更が加えられる前と同等の味わいを生み出しているとおもわれ、プレミアムビールの一銘柄としてその名を刻んでいる。

 

 

トゥーイーズエクストラドライプラチナムの味わい

エクストラドライブラチナムの味わいはやはりその前身となるエクストラドライの影響を色濃く受けていると言える。
全体的な印象は非常に近く飲む前の香りは全体的に薄目であり、またかすかなミネラル感も出ているといった印象だ。
口当たりも非常によくクリスプで歯切れよくものすごくスムースである。
とにかく飲みやすいといった印象か。麦芽の旨味やホップの苦味も強いわけではないが程よく輪郭を持たせ、オーストラリアの大量生産一般的なビールよりはプレミアム感がしっかりと出ている。その上でとてもクリアでスムースな演出というのはさすがである。
以前よりは下がってしまったが、強めのアルコールに輪郭のある味わい。ピリッとしたドライ感。
このビールも少し強めに冷やしてゴクゴクと飲みたい。飲んでスカッと気分一新できるうれしいビールであることは間違いない。

コメントは受け付けていません。