ジェームススクワイア ザ・チャンサーゴールデンエール (James Squire THE CHANCER GOLDEN ALE )

ジェームズスクワイア ザ・チャンサー ゴールデンエール JAMES SQUIRE THE CHANCER GOLDEN ALE

 

名称:ジェームズスクワイア ザ・チャンサーゴールデンエール
( James Squire THE CHANCER GOLDEN ALE )

産地:ニューサウスウェールズ州 シドニー キャンパーダウン
ビール種別:エール
アルコール度数:4.5%
ビールタイプ:フルストレングス
醸造所:Malt Shovel Brewery モルトショベルブルワリー

 

ジェームズスクワイア ザ・チャンサーゴールデンエール概要説明

ジェームススクワイア、ザ チャンサーゴールデンエールはモルトショベルブルワリーにて作られるビールブランド、ジェームススクワイアシリーズの1商品。
オフィシャルで「イングリッシュスタイルのサマーエール」と言うだけありイメージカラーはサンサンと降り注ぐ太陽を思わせるオレンジイエローを採用。更にビールに付けられる「チャンサー」の名は「冒険家」等の意味合いがありモルトショベルブルワリーの創設者、Dr Charles “Chuck” Hahn(チャールズ(チャック)ハーン博士)の熱い思い、守るばかりのビールではなく常に新しいことにチャレンジし、より良い製品を産み出していくという姿勢がうかがえる。
同じくジェームススクワイアシリーズの1つ、ナインテールズアンバーエールとの違いについていうと、こちらのビールは夏っぽいコンセプトと言うのは前述の通りだが、そのためよりスッキリサッパリと楽しめる工夫がされている。
やや抑えた4.5%のアルコール度数、エールでありながらラガーのような喉ごしを実現し更なる飲みやすさを追及。麦芽は大麦と小麦を合わせたものを使用することにより味わいに複雑さと深みを追加。更にそれらを軽くトーストすることによって旨味を引き出す。そこにアメリカ原産、Virgil Gamache Farms(バージル ガマチェ ファームズ)によって20世紀後半に生産が始まったAmarillo(アマリロ)アロマホップを使用。香りと苦味出しにも十分こだわった。
まさにこちらのゴールデンエールも死角なし。チャック博士大勝利の逸品だ。

 

 

ジェームズスクワイア ザ・チャンサーゴールデンエールの味わい

ではこのザ・チャンサーゴールデンエール、試飲に移りたいと思う。果してどんな姿を見せるのだろうか。
まずはグラスへ注いでみる。美しいハニーゴールドカラーのビール。始めは勢いよくしっかりとした泡が形成される。なかなか美しい盛り上がりかたにしばし見とれる。
飲む前からやや特徴的な香りを感じる。全体的に抑え気味ではあるものの、甘い麦芽、おさえ気味のホップ、もぎたて夏野菜の爽やかな息づかいに加えて微かなミネラル感。とても夏っぽくてやる気を感じる。飲む前から気分を盛り上げてくれるではないか。

実際に飲んでみるとやっぱり素晴らしいビールであることがわかる。
ビールの濃さ、ガツンとくる力強さはナインテールズアンバーエールに軍配が上がるが、けっしてこちらのビールが薄いだとか弱いといった意味ではない。こちらにも十分な強さ、旨味がありどちらかというとアンバーエールとは方向性が違う。
全体的にはミドルボディーの仕上がりで、飲みやすさを追及しエールでも気取らずにガブガブと飲めてしまう手軽さ、気軽さがある。その一方でスムーズでなめらか、ややクリーミーな印象も受け、サラッと飲めしっとりと味わえる不思議な感覚がある。

夏をイメージした作りであることはやはり味わいにも随所にみられる。炭酸が強めでリフレッシング。ラガーのような爽快な喉ごしと飲みごたえ。強めにカキンと冷やして(繰り返しにはなるが)ガンガンと飲み進める。そんな楽しみ方ができる。
それでいてエールとしてのしっかりとした味わいの複雑さも見逃せない。
全体的にマイルドであるものの、ハニー系の甘さ、喉元から鼻に抜けるシトラス、オレンジブーケの香り。最後にはマイルドでありながらもしっかりとした苦味もやって来る。これが噂のアマリロアロマホップの実力だ。
ビールが持つテーマ通り、やはり季節は夏がふさわしい。瓶に直接口をつける粋なオーストラリアビールの楽しみ方も好きだが、こちらはグラスが似合う。
強めに冷やして汗をかいきてきたグラスをもちグッと飲み干す。
海が見えればなお良いかもしれない。 ビールのみならず自分にも酔ってしまうことうけあいだ。
このビールもチャック博士やってくれましたという大満足の仕上がりだ。

コメントは受け付けていません。