ハーンスーパードライ3.5 (Hahn Super Dry3.5)

ハーンスーパードライ3.5 (Hahn Super Dry3.5)

名称:Hahn Super Dry 3.5 (ハーンスーパードライ 3.5)
産地:ニューサウスウェールズ州 シドニー郊外リッドカム
ビール種別:ラガー
アルコール度数:3.5%
ビールタイプ:ミッドストレングス 
醸造所:Tooheys Brewery(トゥーイーズブルワリー)

 

ハーンプレミアムライト概要説明

ハーンプスーパードライ3.5はトゥーイーズブルワリーが製造するビールブランド「ハーン」シリーズの1つでフルストレングスであるハーンスーパードライのミッドストレングスバージョン。

ハーンのブランドそのものはオーストラリアのビール業界で偉大な醸造家、Dr Charles “Chuck” Hahn(チャールズ(チャック)ハーン博士)によって立てられたハーンブルワリーによって始まった。
1988年に立ち上げられたそのブルワリーは、1993年にはライオンネイサンによって収集されてしまった。

ノーマルバージョンのハーンスーパードライに遅れること3年、ハーンスーパードライ3.5は2009年に市場に投入。成長し続けるミッドストレングスセグメントの獲得を目指したのであった。
こちらのビールもフルストレングスバージョン同様糖質を通常のビールの3分の1ほどに抑え、素材も厳選されたものを使用し、添加物や保存料を使わず醸造された。このあたりのスペックは通常のハーンスーパードライはと同等である。
アルコール度数を抑えながらも後味がキリっとしたスーパードライテイストを実現、ミッドストレングスながらフルストレングスと同等の強さでしっかりした味わいのビールである事が強調されたビール。
イメージカラーはオレンジを使用。やや温かみのあるカラーで攻撃的で刺激的な通常バージョンのハーンスーパードライより柔らかいことを印象づけた。
ちなみに通常バージョンのハーンスーパードライは青色をモチーフカラーとしている。

 

 

ハーンプレミアムライトの味わい

グラスに注いだ感じ、色合いや泡加減はフルストレングスのハーンスーパードライとほとんど変わらない。ミッドストレングスにも関わらずしっかりした味わいが期待できる。
のぼる香りは殆ど感じられないり微かな麦芽感はあるもののホップの香りはあまり感じられない。どことなくミネラル感は立ち上る。
口に含んだ感じは。
ん。
非常にドライである。ドライゆえに甘み等は一切感じない。硬派なドライだ。
しかし、通常バージョンよりかなり薄く感じる。よく言えば軽いテイストに飲みやすさ抜群のフレッシュ感。軽いモワッとくる草いきれ。メタリック感がやはりある。
悪く言えばじゃっかんシャビシャビ。
しかしながらミッドストレングスであることを考慮に入れれば十分納得いく。但し、フルフレーバーのフルストレングスを期待してはいけない。
あくまでもミッドストレングス。そしてドライ。
ミッドでドライはこうなるというよい見本であろう。

コメントは受け付けていません。