エミュードラフト (Emu Draft)

エミュードラフト  (Emu Draft)

名称:Emu Draf PILS (エミュードラフト)
産地:西オーストラリア州 パース
ビール種別:ラガー
アルコール度数:3.0%
ビールタイプ:ミッドストレングス
醸造所:Swan Brewery(スワンブルワリー)

 

エミュードラフト概要説明

エミュードラフト。
オーストラリア最大の州、西オーストラリア州にある醸造所スワンブルワリーにて造られる「エミュー」ブランドの中のひとつ。
このビールはアルコール度数を3.0%と抑えたミッドストレングスというものに分類される。
醸造が開始されたのは1992年と比較的新しいのだが、多様化するビールマーケットにミッドストレングスを投入することで新たなる市場の獲得とともにお客様のニーズにもお答えするということを目指していった。

ミッドストレングスながらフルストレングスに迫るフルボディーな味わいを目指した結果、麦芽の旨味を全面に押し出すことに成功。ビールの色合いもやや濃いめゴールデンカラーとなった。
またフムルス・ルプルスホップを使用することにより若干の酸味に加え後味のしっかりとした旨味ある苦味が特徴となっている。
他のエミューシリーズ同様かなりバランスがよくクリアテイストかつクリスプて非常に飲みやすく印象は思いのほか良い。
フルストレングスに迫る味わいを目指して作られてはいるもののやはりミッドストレングスである力の弱さは否めない。
しかしそれでも是非うんと冷やして飲んで頂きたい。その完成度の高さが手伝ってその旨さに思わず納得させられることでしょう。

 

 

エミュードラフトの味わい

それではミッドストレングスであるエミュードラフト、実際に試飲してみるとどのような実力を見せてくれるかその味わいに迫る。
グラスに注いでみると思いのほかしっかりと泡立ち、クリーミーで美しいレイヤーを形成した。ビールのコンディションにもよるのであろうが今回のレビューで見たものはとても良い印象を受けた。
カラーは美しいイエローゴールドとでも言おうか、若干深めの色合いだ。
香りはとても優しい。悪く言えばあまりにおいを感じない。
それでも優しい麦芽の甘さに穀物的、コーンとでも言おうか、なワイルドさも微かに感じることが可能。ただそれもポジティブにとらえた場合だ。
口へ含んでみる。他のエミューシリーズ全般に見られることだが炭酸の口当たりがとても柔らかい。
人によってはやや物足りなさを感じるかも知れない。
味わいはやはやパンチがないと言わざるを得ない。特にやや高めの温度で飲む場合は本来のフルストレングスビールが持つ旨味、香りに比べて見劣りする。
それでも麦芽の甘さ、香りで感じたようなコーンを思わせる穀物感とワイルドなフィーリングは心地よい。
さらに冷やしてみるとこのミッドストレングスビァが本領発揮をする。
強めに冷やせばそれはフルストレングスの兄弟ビールに迫る。
喉ごしが非常によく、本来このビールがもつクリアでクリスプなテイストが透明感のある味わいを演出。
真夏の暑い日、または味わいの薄い料理に強めに冷やしたこのエミュードラフトをあわせるとその真価を発揮すると言えよう。

コメントは受け付けていません。