マウンテンゴート ハイテールエール (MOUNTAIN GOAT Hightail Ale )

mountaingoathightailale.html

 

名称:MOUNTAIN GOAT Hightail Ale (マウンテンゴート ハイテール エール)
産地:ビクトリア州 リッチモンド
ビール種別:エール
アルコール度数:4.5%
ビールタイプ:フルストレングス
醸造所:MOUNTAIN GOAT BEER マウンテンゴートビア

 

マウンテンゴート ハイテール エール概要説明

マウンテンゴートビアハイテールエールはマウンテンゴートビアが製造販売するビールビールの一製品。1997年、同社のなかでは一番最初に売り出しが開始されたものであり現在でも稼ぎ頭ナンバーワン。フラグシップの位置付けをとっている。
瓶でも、樽生タイプでも広くオーストラリアで販売が展開されている。
2000年にオーストラリア国際ビアアワード、ゴールドメダルを受賞して以来ほぼ毎年なにがしかの賞を受賞している程、ビールコンテスト界の常連に名を連ねている。

ハイテールエールはイギリスタイプのアンバーエール。芳醇でリッチなボディー感を演出しかつアロマホップの素晴らしい香りが特徴である。
今でもハンドクラフトを念頭に手作りできるところは手作りで最大限の愛情をもって醸される。保存量や添加物は一切排除。熱処理には低温殺菌を利用するという力のいれようだ。
立ち上る香りは飴細工やフルーツの香りを意識した。また軽く焦がした芳香族化合物がもつ複雑さが甘い香りとあいまってえもいわれぬ芳香を生み出す。
味わいそのものはかなりグラッシーかつフローラルがボディー感を後押しする、嗅覚をこれでもかと刺激。
ひじょうに上手くまとめられており生き生きとしたパレート。
ダークで落ちついた一面がありながらはながひらく華やかさがある。

醸造が開始された当時はアルコール飲料の関係者により「香りが強すぎる。」や「なんでも強ければいいというものではない。」等といった新しいビールのあり方に対する批判が続出した。しかしながら現在ではクラフトビールでも標準的な香りの強さだと認知される程にまで落ち着いた。

 

 

マウンテンゴート ハイテール エールの味わい

ではこのハイテールエール、実際の味わいを見ていこう。
グラスへ注いでみる。
ビールの色合いはやや濃い目の赤みががかった銅色。若干マディーな感じが逆に旨みが詰まったというような印象を受ける。
キメの細かい泡がしっかりと形成されしっかりとした膜がビールの蓋の役目を果たす。

立ち上る香りから極めて良好でエール特有のフルーティーさを中心にカラメル、キャンディー、トーストのような甘い香りにしっかりとした麦芽感等非常に複雑で繊細だ。 口に含んでみると極めて凝縮されたビールの旨み。
「う、うまい、、、、。」
どうだろうか言葉を失ってしまう。
それほどまでに恐るべくパワーを秘めたこのビール。 まずは非常に香ばしい麦芽感が口を支配、すぐさまカラメル的甘さを含むジューシーな旨みが続く。フィニッシュはフルーティー感か。
この3段階の旨みレイヤー、見事なウェーブが飲むほどにこれでもかこれでもかをたてつづけに訪れる。
すぐさま次の一口に進まずにはいられない。
驚くべきはこれだけの深い味わいを実現しながら飲みくちは非常に軽いことである。 ミディアム、いやライトボディーに分類されるかもしれない。
そして炭酸がやや強めでマウスフィールも非常に良好だ。
また、どこか遠くに優しいヴァニラの的甘みもみられ味わいを分析すればするほど色々な所に色々な味が隠れている。
若き二人の醸造家によって造られた情熱あふれるエールはこれほどまでの実力を見せるのか。
これはもはや芸術と呼ぶにふさわしい。

コメントは受け付けていません。